mgGChartM

主 な 機 能

価格・購入方法

ダウンロード

組込サービス

ユーコム
福岡
TEL 092-401-8824
FAX 092-401-8825





mgGChartM (Magicコンポーネント)

ガントチャート表示の操作がわかりやすくなり、Memory対応で処理速度の向上を行いました。
Magic側データベースへの書き戻しが簡単にできる関数の追加
Magicのフォーム上に
ガントチャート表示を実現!
Magicからコンポーネント
プログラム呼出でチャート
表示の更新・データ取得
mgGChartの操作イベントを
Magicのハンドラ処理
テーブルで受け取れる
主 な 機 能
 機 能 項 目  内      容
 メニュー タスクセル、見出し、タイムスケール、スケジュール、スケジュール領域の各対象に応じた右クリックメニューを表示。
 表示画面 チャート表示、チャートプロパティ設定、タイムスケール設定などの画面表示をおこなうプログラムで下記の
5種類があります
名称機能
mgChartMainチャートを表示します。
mgPropertyチャートの基本情報を設定する画面を表示します。
mgPrintInfo印刷画面を表示します。プレビュー機能有り。
mgDeletedPiece削除した計画の情報を表示します。
mgTimeScaleタイムスケールの設定画面を表示します。
 ユーザインタフェース関数 チャートのデータベースへ直接読み書きを行う14種類のコンポーネントプログラム
名称機能
uiAddRelatedLineDB関係線データを追加します。
uiClearViewTopTimeシステムに読み込み済みのViewTopTimeをクリアする。
uiDataClearユーザデータを初期化します。
uiDataSetScheduleスケジュールデータテーブルにデータを追加します。(旧版互換)
uiDataSetSchedule2スケジュールデータテーブルにデータを追加します。
uiDataSetTask行データテーブルにデータを追加します。
uiDataSetTaskTitle見出しデータテーブルにデータを追加します。
uiGetCurrentTimeDB現在取り込み中のデータの現在日付を取得します。
uiGetSystemName現在取り込み中のデータのシステム名を取得します。
uiGetTimeScaleNameDBパラメータで指定するタイムスケールデータの表記名称を取得します。
uiGetTimeScaleNoDB現在取り込み中のデータのTimeScaleNoを取得します。
uiGetViewTopTimeDB現在取り込み中のデータのViewTopTimeを取得します。
uiSetCurrentTimeDB現在取り込み中のデータのCurrentTimeを取得します。
uiSetSystemName現在取り込み中のデータのシステム名を設定します。
uiSetViewTopTimeDBパラメータで指定する日時で、ViewTopTimeを設定します。
 データ取得・設定関数 表示中のチャートに対して、各種値の取得、設定を行う28種類のコンポーネントプログラム
名称機能
gcAddRelatedLine関係線を追加します。
gcAddSchedule計画を追加します。
gcChangeTimeScaleタイムスケールの表示を切り替えます。
gcChartClearチャートのActiveX側の設定内容をクリアします。
gcChartRefreshこれは、将来の予備です。
gcCountSchedule現在作成済みの計画数を取得します。
gcCountRelatedLine現在作成済みの関係線数を取得します。
gcDelRelatedLine関係線を削除します。
gcDelScheduleスケジュール番号で指定する計画を削除します。
gcGetChangeSchedule変更されたスケジュール情報を取得します。
gcGetProgress達成率を取得します。
gcGetRelatedLine関係線の情報を取得します。
gcGetRelatedLineMode関係線の操作の許可状態を取得します。
gcGetScaleInfoタイムスケールのスケール幅、スケール単位を取得します。
gcGetScheduleAddModeスケジュール追加許可モードの状態を取得します。
gcGetScheduleスケジュール番号で指定する計画の情報を取得します。
gcGetSchedule2スケジュール番号で指定する計画の情報を取得します。
gcGetTask行、列で指定するセルの情報を取得します。
gcGetTask2タスク番号、列(セル番号)で指定するセルの情報を取得します。
gcProgressHidden達成率の表示/非表示を設定します。
gcSetCurrentTime現在日時線を表示します。
gcSetProgress達成率を設定します。
gcSetRelatedLine関係線の情報を更新します。
gcSetRelatedLineMode関係線の追加モードを設定します。
gcSetScheduleAddModeスケジュール追加許可モードを設定します。
gcSetScheduleスケジュール番号で指定する計画の情報を更新します。
gcSetSchedule2スケジュール番号で指定する計画の情報を更新します。
gcSetScheduleFont計画の表示フォントを更新します。 全ての計画の文字に適用されます。
gcSetTask行(Item番号)、列(セル番号)で指定するセルの情報を更新します。
gcSetTask2行、列で指定するセルの情報を更新します。
gcsetViewTopTime画面に見える左端の日時を設定します。
 イベント マウスクリック、マウスダブルクリックのイベントをMagic側プログラムへ伝えます。
クリックしたポイントにあるオブジェクトの属性もパラメータで受け渡します。
また、計画変更時や表示範囲スクロール時のイベントをMagic側に伝えます。
名称機能
evMouseClickガントチャート上でmouseクリック時に発生するイベント。
evMouseDblClickガントチャート上でmouseダブルクリック時に発生するイベント。
evScheduleChange計画の開始終了が変更されたときに発生するイベント。
evScaleChangeタイムスケールの幅をチャート画面上でドラッグして変更した時に発生するイベント。
evViewTopDateChangeガントチャート上で画面左端日付を変更した時に発生するイベント。
evMouseDownガントチャート上でmouse左ボタンを押し下げたときに発生するイベント。
evViewCompleteガントチャートのウィンドウサイズを変更すると、チャート再表示完了後に発生するイベント。
  動 作 環 境
 OS  Microsoft Windows7, 8, 10
 Magic  Magic XPA ( Magicのオンラインタスクサブフォームとして呼出して使用)
 MuniPaaS V1Plus ( Magicのオンラインタスクフォームに貼り付けて使用)
 データベース  Magic添付のMemoryGatewayを使用します。外部データベースは不要です。

  Magic uniPaaS, Magic XPA はマジックソフトウェア・ジャパン株式会社の登録商標です。